本文へスキップ

AQUAは主にUAV(ドローン・マルチコプター)による空撮などを請け負う会社です。

TEL. 0156-62-6331

〒089-0103 北海道上川郡清水町字清水785番地

新着情報・FAQNEWS&FAQ

新着情報

2016年6月
在京キー局様 ゴルフ大会中継用コース映像の撮影をさせていただきました。
2016年5月
昨年撮影させていただいて公開された映像数件、リンクさせていただきます。
上士幌町プロモーション   https://youtu.be/TAmIA5xI_W0
りくべつ鉄道プロモーション   https://youtu.be/8qVcKz2w9eA
日本甜菜製糖株式会社プロモーション   http://youtu.be/pTOEP2qHyM4
2016年5月10日
地元警察署にてドローンの講義とデモフライトを行いました。
2016年3月31日
北海道日本ハムファイターズのオープニングセレモニーでドローンオペを担当しました。
2016年3月
BSジャパン「田舎ふれあい滞在記 真狩村編」空撮協力いたしました。
2016年3月25日
音更町の彩凛華、今年も撮影いたしました。
2016年2月4日
国土交通省より北海道内全域の1年間の飛行許可をいただきました。
2015年11月5・6日
北海道技術・ビジネス交流会(ビジネスEXPO)に出展しました。
2015年10月27日
ABC朝日放送様「おはよう朝日です」ロケ協力しました。
2015年10月5日
今年もタウシュベツ橋梁撮影しました。素材販売いたします。
2015年8月16日
陸別町の「ふるさと銀河線」撮影しました。
2015年7月10日
NHK「さわやか自然百景 春国岱」撮影協力しました。
2015年7月8日
北洋銀行ものづくりテクノフェア2015(7月23日開催)に出展します。
2015年5月1日
ソーラー発電所の赤外線検査サービスを開始しました。
2015年3月15日
幕別町 帯広・広尾道 忠類・大樹IC開通式を撮影しました。
2015年3月7日
幕別町 忠類・大樹IC開通記念 人文字空撮イベントを撮影しました。
2015年2月10日
フォトギャラリーを更新しました。
2015年2月6日
帯広市「おびひろ氷まつり」緑ヶ丘会場を撮影しました。
2015年1月23日
音更町十勝川温泉の彩凛華を撮影しました。
2014年12月1日
赤外線調査用UAVの導入を公開しました。
2014年10月26日
瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会 撮影協力しました。
2014年10月22日
フォトギャラリーを更新しました。
2014年9月27日
ラリー北海道2014陸別SS撮影しました。
2014年9月11日
最新情報をすぐにお知らせできるようフェイスブックページをリンクしました。
2014年8月13日
本別町「本別ひまわり3千坪迷路」を撮影しました。
2014年7月31日
タウシュベツ橋梁を撮影しました。
2014年7月16日
弊社撮影の映像が100満ボルト様のテレビCMに使用されました。
2014年7月11日
第33回国際農業機械展in帯広の会場を空撮しました。
2014年6月19日
フォトギャラリーを更新しました。
2014年6月7日
フォトギャラリーを更新しました。
2014年5月2日
フォトギャラリーを更新しました。
2014年4月1日
サイトをオープンしました。
2013年10月23日
十勝毎日新聞にAQUAの広告が初掲載されました。
2013年7月14日
十勝毎日新聞でAQUAの空撮業務のことが記事に取り上げられました。

FAQ

サービス関連

Q.空撮ってなんですか?

A.空撮とは文字通り空から撮影することです。
方法としては実機での飛行機・ヘリなどからの撮影、UAVでの撮影などがあります。
当社ではUAV(ラジコン)によってこれを行っています。

Q.UAV空撮によるメリットとデメリットはなんですか?

A.メリットとしてはまず予算の縮小があります。
UAVで行うことにより実機で撮影した場合の予算に比べて低価格で行うことができます。
また、実機では行えない低空での撮影や動画撮影が可能です。
空撮自体のメリットとしては、画像・動画に奥行きを持たせることが挙げられます。
デメリットは、撮影を行うに当たって天候に大きく左右されることです。
実機に比べると風に弱いのは否めません。
また、低高度が得意な反面、高高度での撮影にはあまり向きません。

Q.撮影の流れを教えてください。

A.まずは当社までお問い合わせください。
お客様より撮影予定地、撮影時期、ご予算、画像のご利用方法をお聞きします。
そのうえで撮影予定地の地図から離陸ポイントや安全面が確保できるかを検討いたします。
地図上ではわからない場合、遠隔地でなければ下見に伺い確認することもあります。
安全面などが確認できたら撮影日を決めて撮影スタッフがお客様のもとへ伺い、撮影アングルや場所などをご相談の上決定します。
撮影は機体一名・カメラ一名の計二名で行います。
撮影が終了したら、データでの受け渡しのみのお客様の場合はUSBメモリに入れてお渡し、料金の精算で完了です。
撮影データからプリントまでをご依頼の場合は、一度帰社。
お支払方法は相談の上、後日郵送・もしくは手渡しにて引き渡し。精算が済んで完了となります。

Q.撮影したデータの版権はどうなるのですか?

A.当社で依頼を受けて撮影した画像・動画のデータのすべての権利は当社に帰属し、料金の精算が済んだ時点でご依頼いただいたお客様に使用を許諾します。(ご依頼内容によっては異なります)
撮影したデータは当社でも保管しますが、お客様の許可がない限り公に使用することはございません。

Q.料金体系はどうなっていますか?

A.ご依頼内容によって異なりますが、基本は
機体使用料+技術料+交通費=お支払金額
と、なります。
画像のプリント・額縁などオプションを希望の場合は上記の料金とは別途に請求いたします。
また、十勝管内での撮影は地域特別撮影料金でのご案内もありますので、ご相談ください。


技術関連

Q.墜落したりしませんか?

A.墜落することもあります。
当社ではそのような事態が起こらないように最大限の安全対策・機体整備などを行っていますが、それでも100%ではありません。
そこで万が一の事故などで生じた損害を対象とする損害賠償保険に加入しております。

Q.自分の持ってるカメラを積んだりできますか?

A.申し訳ありません。カメラは特定の機種しか積めません。
専用の架台が搭載されており、特定の機種以外のカメラを運用することができません。

Q.撮りたいアングルなどの指定はできますか?

A.はい、できます。
機体に搭載されているカメラに映っている景色は地上のモニターでリアルタイムに見ることができます。それを見ながらお客様の理想のアングルで撮影することができます。

Q.一回の飛行時間はどれくらいですか?

A.一回の飛行時間は、だいたい5分〜7分くらいです。
この時間内に離陸〜撮影〜着陸を行わなければなりません。
飛行前にお客様と飛行ルート・被写体・撮影イメージを打ち合わせの上、スムーズに進める必要があります。

Q.どれくらいの高度まで上げれますか?

A.実用最高高度は200m前後までです。
それ以上でも操縦のための電波は届きますが、そこまで高く上がるなら実機での撮影をおすすめします。
また、航空法上の制限が場所によって違いますので、まずはお問い合わせください。

その他、ご不明な点はお電話かメールにてお問い合わせください。

バナースペース

AQUA

〒089-0103
北海道上川郡清水町字清水785番地

TEL 0156-62-6331

Email aqua@ootuki-tekkou.co.jp